当医院のご案内

当医院の特徴

医院長プロフィール

訪問診療・訪問看護

予約表

お問い合わせ

西医院の特徴

大きな病院に負けずと劣らない最新設備を導入しております。経験豊富な院長が検査を担当致しますので、安心して西医院へ足を運んで下さい。

内視鏡

西医院では、鼻から挿入して観察できる「経鼻内視鏡」と、詳細な観察ができる「経口内視鏡」の2種類を用意しております。経鼻内視鏡は経口内視鏡に比べはるかにえずきが少なく、患者さんへの負担が軽いのが特徴です。ただし、スコープが細い分、若干画像が荒いため、見落としを減らすために観察に時間をかける必要があります。また、胃の内視鏡検査とともに大腸の内視鏡検査も実施しておりますので、大腸がんの早期発見にお役立て下さい。

超音波装置

体外から心臓や肝臓、胆のう、脾臓や頚部・腹部の血管などを痛みを伴うことなく見ることができます。また、放射線を使わないので、人体に無害で妊婦の方やお子様にも安全に使用することができます。

心電図

循環器疾患の診療において基本となる検査機器です。また、通常の心電図検査では診断が難しいような狭心症や不整脈は、1日24時間の心電図を記録することで診断が可能です。西医院では、患者さんへの負担を考え、超小型・軽量の記録器を使用しております。

レントゲン

肺炎や肺がん、心不全、腸閉塞などを診断することができます。データはすぐにデジタル画像として診察室のモニターでご覧頂けます。

血球測定装置

少量の血液で貧血の状況、白血球の数、炎症反応などを5分以内に検査する機器です。迅速によりよい診断をするためには非常に有用な医療機器です。

ヘモグロビンA1c測定装置

糖尿病診療に欠かせないヘモグロビンA1c値や尿中アルブミン量を迅速に測定することができます。